レナードZWILLINGレナードZWILLING

レナードZWILLINGはニューヨーク市でで生まれた 1945. 彼はチベット仏教とFreewoodAcresでLabsum Shedrub陵でゲシェWangyalとチベット語を勉強, ニュージャージー州 (1967-1969) とBAとウィスコンシン大学マディソン校卒業. インド学 1970, ヒンドゥー学の修士号を受け取ることが起こって (1972), と博士. 仏教学における (1976), ウィスコンシン大学マディソン校でも. 彼の博士論文, 理論の上で apoha 仏教の論理で, 教授の指導の下で行われていた. ゲシェソパLhundub. 彼はスリランカでプレ博士の研究を行なった (1973-74) とネパール (1975-76), それぞれフォード財団とフルブライト·ヘイズ奨学下.

から 1977-83 博士. ZWILLINGはアジアの宗教を教え, ウィスコンシン大学のサンスクリット語とチベット (マディソン、ミルウォーキー), グスタフアドルフ·カレッジ, 西部のイリノイ大学, そしてベロイト大学.

彼はウィスコンシン大学マディソン校の図書館学の修士を受けた 1985, とから 1986-2009 一般エディタだった (と書誌学者まで 2004) に アメリカの地域の英語辞典 英語学科の, ウィスコンシン大学マディソン校, 彼は現在、シニア·サイエンティスト名誉ある.

博士. ZWILLINGは、多くの分野で研究を発表している (下記参照), 古代インドにおけるセクシュアリティの歴史先駆的な仕事を含む. から 2005 彼の研究は、丘陵デシデーリとチベットへのカトリックのミッションを中心にしている, 彼は現在デシデーリ年代の新しい、完全な英訳でマイケル·スウィートと協力して ニュースIstoriche パートチベット.

選択した出版·プレゼンテーション

中国の仏教と非仏教の宗教やThuken LosangChökyiニマにおけるモンゴル仏教の章の翻訳, クリスタル 哲学体系の鏡: アジアの宗教思想のチベット研究, Geshé Lhundub Sopa (トランス。), ロジャー·R. ジャクソン (と。) (ボストン: 知恵出版物, 2009), 351-380.

(準備中) マイケル·スウィートと, 丘陵デシデーリの編集者との共同翻訳者, S.J., チベットの詳細な説明, 予想公表 2010 (知恵出版物, ボストン).

"どこへ行く神父. アンドラーデはされていた. デシデーリミッション "仏教学の国際交流協会第15議会のもう一つの眺め. エモリー大学, アトランタGA, 6月, 2008.

ロバート·サーマンらと。, の共同翻訳者 ユニバーサル自動車談話文学 by Maitreyanantha/Asanga (ニューヨーク: AIBS, 2004).

"占いの忠誠心: チベット伝統の中国占いでTuken ", 32南アジアの研究開発会議, マディソンWI, 10月. 2003.

ゲシェソパとマイケルスウィートで, Peacock in the Poison Grove, ボストン: 知恵出版物, 2001.

マイケル·スウィートと. “The Evolution of Third Sex Constructs in Ancient India: A Study in Ambiguity”, Invented Identities: The Interplay of Gender, Religion and Politics in India, Ed. Julia Leslie. ニュー·デリー, ニューヨーク: Oxford UP, 2000: 99–132.

“Avoidance and Exclusion: Same-Sex Sexuality in Indian Buddhism.” Queer Dharma. Ed. Winston Leyland, San Francisco: Gay Sunshine Press, 1998.

マイケル·スウィートと. “ ‘Like a City Ablaze’: The Third Sex and the Creation of Sexuality in Jain Religious Literature”, Journal of the History of Sexuality, 6 (1996): 359–84.

"Vadava—Male Mare or Just Plain Horse?", 24th Conference on South Asia, マディソンWI, 10月. 1995.

A TAD Lexicon. Etymology and Linguistic Principles, 3 (1993).

マイケル·スウィートと, “The First Medicalization: The Taxonomy and Etiology of Queerness in Classical Indian Medicine”, Journal of the History of Sexuality, 3 (1993): 590–607.

“Mongolian Xylographs in the University of Wisconsin–Madison Libraries”, Mongolia Society Bulletin, 9 (1986): 5–11.

Tibetan Blockprints in the Department of Rare Books and Special Collections, University of Wisconsin–Madison Libraries, Occasional Papers of the University of Wisconsin–Madison Libraries, No. 5, 1985.

“Saskya Pandita’s Version of Pramanavarttikam III.3: A Case Study on the Influence of Exegesis Upon Translation in Tibet”, Studies in Indian Philosophy, Ed. Dalsukh Malvania and Nagin Shah, Ahmadabad: ザ. D. Institute of Indology, 1981: 304–14.

“The Visesastava of Udbhattasiddhasvamin”, Studies in Pali and Buddhism, Ed. A. K. Narain, デリー: B. R. Publishing, 1979: 402–14.

“The Story of Vyasa and Kasisundari”, Journal of the International Association of Buddhist Studies, 1.1 (1978): 65–70.

“Some Aspects of Dharmakirti’s Ontology Reconsidered”, Kailash: A Journal of Himalayan Studies, 3.3 (1975): 303–13.

[Drawn up in July 2009]

Download in PDF